永平寺報恩授戒会

4月23日から29日まで永平寺に随喜してきました。

永平寺では毎年の恒例の授戒会です。全国の壇信徒 百数十名と今年上山した若い修行僧二百名が永平寺にてお釈迦様の十六条戒を授けていただき、永平寺の禅師様(住職様)に、お釈迦様の弟子としての仏教徒である証として四文字の戒名を授けていただく式であります。我々僧侶はそのお手伝いをするために全国から二百名以上が集まりました。総勢500名以上が永平寺にて朝は3時起床、一週間起居を共にして修行をいたしました。

今年は特に授戒会に於いての最も大切な3道場(懺悔道場、教授道場、正授道場)が27日から28日に行われましたが春の嵐に直面し暴風雨の中にて厳修されました。27日の夜、懺悔道場にては特に風雨が強く永平寺山門にある樹齢700年の菩提杉の1本が途中で折れ鐘楼の屋根を壊し被害がでました。その中、全員厳しい気候状況にも影響されず立派に修行を終えることができました。その達成感は例年にも増して満足のゆく授戒になりました。

私の冷泉寺の壇信徒の1名も無事戒弟として戒名を授けていただきました。大変清々しい表情で、以前にも増して仏様のような素晴らしいオーラを感じました。全ての人間は本来仏心を持っているという教えを今回の授戒会で確信をいたしました。全ての人々が自分の仏心に目覚め日々の人生に生かせることを導くのが我々僧侶の役目であります。来年の授戒会には日々布教をし、一人でも沢山の壇信徒を授戒会に参加していただくようこれから1年間頑張りたいと思います。

お彼岸について

春のお彼岸は3月18日から24日の1週間ですが、冷泉寺では実質明日13日から檀家様への彼岸まいりが始まります。

私には皆様とのコミュニケーションを深める貴重な機会で大切なおまいりです。心を込めて一軒一軒丁寧に廻りご縁を深める布教修業です。

1日5軒から10軒の出会いですが、檀家様のどんな小さなサインを見逃すこと無く全神経を集中してのおまいりです。しかもあまり堅苦しくなく気軽で楽しい雰囲気でなくてはだめです。それには常に自分自身の心理状態が正常であることが第一です。

我々が永平寺等で座禅修行の時の心境つまり無の境地です。これが大変難しいことでなかなかうまくいかず、つくずく自分の力量の無さ、修行が足りないことを痛感します。

彼岸参りは先祖供養であると同時に自分自身の大事な修行の場であると心得て明日から頑張りたいと思います。この期間必ず反省する事があります、その時どれだけ自分がその事に対してごまかす事無く真正面に捉えて解決出来るかが成否を決すると覚悟しています。

次回のブログはその事について書きます。

曹洞宗現職研修会

おはようございます。

昨日は雄琴グランドホテルで年に一度の現職研修会に参加しました。

曹洞宗では55歳以下の僧侶はこの研修会に必ず参加義務があります。私は60歳ですが教区長として参加し朝9時から16時半まで丸一日勉強をしてきました。主に若い僧侶向けの内容でしたが、人権学習で我々昭和22年から25年生まれの団塊の世代が、政治・経済・宗教等でリーダーシップを取り、これからの日本を牽引すべきだとの提案に納得し、自分自身の自覚と鼓舞になりました。しかし現実はまだまだ厳しい状況であることもたしかです。日々精進修行を基本に一歩一歩地道に過ごすことの大切さを感じつつ帰ってまいりました。

こんばんは

はじめまして冷泉寺住職 間瀬寛道です。

近江八幡市にある曹洞宗の小さな禅寺です。本山は曹洞宗を開かれた道元禅師開山の永平寺です。この周辺、つまり野洲市、栗東市、湖南市、安土、竜王には曹洞宗のお寺が全く無く、この地域唯一の曹洞宗のお寺です。そのような事情で冷泉寺は、縁があって日本全国から当地域を終の住家に選ばれた新しい曹洞宗の檀家様ばかりのお寺です。当地域で曹洞宗をお探しの皆様は気軽にご連絡ください。

私ども冷泉寺は来る者は拒まず、去る者は追わず、無理をせず、細く永くご縁を結ぶことを目指し日々布教しています。また、皆様と同じ目線に立ち、皆様の全ての感情、つまり喜怒哀楽の全ての感情を皆様と共に共有できる感性を持てるように日々修行を続けております。

またブログ更新します。コメント等お待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。

冷泉寺Blog

滋賀県 近江八幡、野洲、栗東、湖南市、竜王、安土町で 唯一の曹洞宗  永代供養のお寺 冷泉寺のブログです。